【PR】シマノ・自転車博物館

3.23【シマノ・自転車博物館「平成30年度調査・分析委託事業期末発表会】

「わが国と大阪の自転車産業の展望―主体的・社会的利用の可能性―」

戦後日本の自転車産業の変遷について概観し、90年代以降、中国の社会主義市場経済への移行と日本の平成不況により既存の日本自転車産業の構造が解体し、国内生産回帰が不可能となり、近年はさらに市場構造が軽快車の個人所有に特化したものから変化してきた歴史を解説。今後、環境配慮、主体的・社会的利用がカギとなるという認識にうえに、環境面から国外の経験をふまえた社会的利用について解説。日本国内での主体的利用および社会的利用についてそれぞれ議論があります。

●14:00ー14:10 プロジェクトの概況報告・慶應義塾大学経済学部 駒形哲哉

●14:10ー14:30 報告 戦後日本の自転車産業の展開と「東アジア化」・慶應義塾大学経済学部 駒形哲哉

●14:30ー14:50 報告 「環境モデル都市」における自転車活用・大阪商業大学総合経営学部 粂野博行

●14:55ー15:15 報告 地域社会における自転車の社会的利用と可能性・大阪商業大学公共学部 中嶋貴子

●15:15ー15:35 報告 自転車における利用市場の萌芽・奈良県立大学地域創造学部 山部洋幸

●15:35ー16:00 ディスカッション

■2019年3月23日(土) 14時ー16時

■自転車博物館 多目的ホール

大阪府堺市堺区大仙中町18-2

・JR阪和線「もず(百舌鳥)」駅徒歩13分

・南海高野線「堺東」駅より南海バスに乗り換え

=2番のりば田園線(あみだ池/深井駅行)「大仙公園西」下車、徒歩3分

=9番のりば(西区役所前行)「大仙中町」下車、徒歩5分

・南海本線「堺」駅より南海バス2番のりばから「大仙中町」下車、徒歩5分

※定員を超えたら抽選となります。

※申し込み先e-mail:bikeconf@bikemuse.jp 

連絡先Tel:072- 243- 3196(公財シマノ・サイクル開発センター自転車博物館事務局長・学芸員:長谷部雅幸)

ボンシャンス遠山郷サイクリング倶楽部2019

長野県飯田市の遠山郷(上村、南信濃)で、サイクリングを楽しむ仲間です。他県からのメンバー募集中!

0コメント

  • 1000 / 1000