【募集】ボンシャンスは夢を見るあなたの挑戦を待っています

福島晋一からのメッセージ

ボンシャンスはツールドフランスを夢見る才能のあるあなたの挑戦を待っています。才能がある選手は19歳前後でフランスに行き、アマチュアのレースからステップアップするのがプロになる最短の道です。


「才能」とは自転車に乗るスキルを意味するものだけではありません。プロになるには、文化を受け入れ、言語を学ぶことも大切です。


私は1998年フランスに行き、約25のレースに勝ち、2002年にベルギーでプロデビューしました。福島康司は自転車を始めて間もなく1999年フランスに行き、2005年のLangkawiの170km独走でステージ優勝しました。(ロードレースを始めて7年目です)。ユキヤは2003年18歳で渡仏して、2009年に最初のツールドフランスを完走しました(ロードレース、スタートからたった7年後)。


もちろんヨーロッパに行けば、すべての選手が強くなれる訳ではありません。ヨーロッパに行くメリットはあなたにプロでやっていける才能があるかないかを短期間で見極めることができるところにあります。


フランスのアマチュアカテゴリーは3つに分かれており、ボンシャンスはあなたのレベルにあったフランスチームを紹介します。大概の場合、私や福島康司、宮澤崇史、新城幸也がそうであったように一番下のカテゴリーから始めるのが理想的です。そして、レースに勝って上に上がっていくことが重要です。


なぜなら、フランスや他のヨーロッパの国々では、選手は子供の時から自転車学校で段階的に自転車の操作方法や、戦術、チームプレーなどをしっかりと叩き込まれながら上に上がってきています。それは、日本を含めアジアでは決して学ぶことのないものです。段階を踏むことは19歳の選手だけではなく、大人から始めるサイクリストにとってもとても必要です。1994年大学を休学していったオランダでの私のニックネームはミスタークラッシュでした。

日本から経験なしにフランスに渡った選手は序盤によく転びます。

昨年、16歳のジャンリ選手を2か月間フランスに送り彼はカデカテゴリーで2勝をあげました。篠原選手はカデで2勝をあげました。門田選手は第2カテゴリーで2勝し、今年第1カテゴリーに昇格します。


今年はモンゴルからフランスのトップアマチュアチーム CCヴィルヌーブにガンツムール選手を送ります。


ボンシャンスは夢を見るあなたの挑戦を待っています。

高体連の選手の掛け持ち登録もボンシャンスとしては受け付けています。(あとは高校と交渉してください。)

参加条件:コンチネンタルチームに所属していないこと。年齢は23歳以下

詳細ははホームページ問い合わせ欄から問い合わせください。https://bonnechance.jp/form/

ボンシャンス遠山郷サイクリング倶楽部2019

長野県飯田市の遠山郷(上村、南信濃)で、サイクリングを楽しむ仲間です。他県からのメンバー募集中!

0コメント

  • 1000 / 1000